カビの分析(菌数測定試験)

カビの分析(菌数測定試験)

こんなときに…
CASE

  • カビの健康への影響度が知りたい
  • カビの存在量や繁殖度合いを確認したい
  • カビの被害状況を示す、数値データがほしい

概要
OVERVIEW

空気中のカビを採取し、カビの発生量(どのくらいカビがいるか)を分析します。
カビの被害の度合いや、健康への影響度が知りたい場合にオススメです。
菌数測定のみの実施も可能ですが、菌種同定とセットで実施すると、より詳細なデータが得られます。

特徴
FEATURES

  • 空中の浮遊菌数から危険度を判定
    空気中のカビの菌数が一定量を超えると、人体に悪影響を及ぼします。 1㎥当たりに存在する菌数を調べ、健康への危険度をランク付けしてご提示します。 カビ対策の必要性や健康被害の可能性が、一目で判断できます。
    空気中の菌数による危険度ランク表
    評価 菌数(/㎥) 状況/健康被害の可能性 対策
    S 10~100 ◎清潔/被害なし 不要
    A 100~1000 ○普通/ほぼ被害なし できると良い
    B 1000~10000 △注意/弱っていると被害の可能性あり 必要
    C 10000~ ×危険/健康でも被害の可能性あり 早急にすべき
  • 調査場所、測定数の指定が可能
    気になる場所、どこでも、1カ所から調査が可能です。 菌数測定の場合は、室内の気になる場所に加え、比較対象として外気において測定するのがおすすめです。カビは自然状態でも少なからず存在するため、自然状態と比較して被害が生じているかを確認することがポイントとなります。
  • 2種類の培地を使用
    乾燥を好む菌、多湿を好む菌、それぞれに対応した2種の培地を用いて分析します。 そのため、様々な性質のカビに対して、より正確な分析結果が得られます。

調査の流れ
FLOW

ヒアリング、現状確認
カビの発生状況を確認し、測定したい地点などを打合せします。

菌の採取
エアーサンプラーにより、一定量の空気に含まれる菌を採取します。 採取自体の所要時間は約2分/箇所です。※別途、機材設置などの時間がかかります。

菌を持ち帰り、分析
一定期間カビを培養し、形成されたコロニーの数から菌数を算出します。 培養から菌数の算出までは、2週間前後かかります。

結果のご報告、対策のご提案
得られた分析結果をもとに、対策の必要性や、進め方などをご提案いたします。

施工事例
CONSTRUCTION

© 2020 カルモア真菌分析対策センター - All rights reserved.