除菌・防カビ剤について

カビの除菌消臭に安全な薬剤を。プロパストップタイプE

カビの除菌や、カビ臭の対策におすすめ。

業務用除菌・消臭剤『 プロパストップ タイプE 』

プロパストップ タイプEはアルコール系の除菌消臭剤です。除菌したい場所、カビ臭が気になる場所に、直接噴霧して使用してください。ミクロサイズの薬液成分が広がり、効率よく反応が進みます。
室内で発生していたカビやカビ臭、それらによって汚染された家具や身の回り品、機材などの消臭・抗菌にお使いいただけます。無色なので、色移りもありません。※壁紙などで変色が気になる場合は、事前に目立たない場所でお試しいただくようお願い致します。

プロパストップ タイプEの特徴

毎日のお掃除にも使える安全性

アルコール系薬剤のため安全性が高く、後残りしません。噴霧後しっかり乾燥させれば、すぐに通常の生活状態に戻れます。カビが生えやすい場所では、繁殖予防として毎日使用することも可能です。

除菌と消臭のダブル効果

カビの除菌はもちろん、気になるカビ臭の消臭にも効果的な薬剤です。1本でカビの悩みを丸ごと解決できるため、余計な手間やコストがかかりません。

商品・仕様
型番 プロパストップ タイプE
用途 業務用消臭・抗菌剤
主成分 両性高分子化合物、エチルアルコール
販売形態 400ml/スプレー、1L/ボトル、20L/箱
標準使用量 散布: 10㎡/L、噴霧: 20㎡/L
使用方法 原液を散布・噴霧
薬剤色 無色透明

もうカビをはやしたくない場所に。プロパストップ タイプNOKIF

強力な防カビ効果が持続!カビが発生しやすい地下室や押し入れ、外壁の防カビにおすすめ。

屋内外用防カビ剤『 プロパストップ NOKIF 』

プロパストップ タイプNOKIFは有機窒素系の防カビ剤です。カビが発生しやすい地下室、押入、窓の近辺などに、散布・噴霧してご使用いただけます。
既にカビが発生してしまった床下、壁裏には、除菌剤(プロパストップE)でカビを除去した後にプロパストップ タイプNOKIFで処理して下さい。乾燥後にフィルムを形成し、非常に強力な防カビ効果を発揮します。
※薬液がやや白濁している為、色の濃いところに噴霧すると液の跡が付く可能性があります。目立たないところで試してからご使用下さい。

プロパストップ タイプNOKIFの特徴

水周りでも使用可能

プロパストップ タイプNOKIFは、希釈倍数を変えることで外壁やお風呂場、洗面、台所などの従来の防カビ剤が最も苦手としていた水回りでも使用が可能になりました。もちろん押し入れ、窓の近辺、漏水事故でカビが発生してしまった床下・壁裏などにもご使用頂けます。

お好きな濃度に希釈可能

原液は粘性の高い薬液で、使用場所に合わせて希釈してご使用いただけます。 水回りに使用する場合は約10倍、その他の場所に使用する場合は約30~50倍への希釈がおすすめです。

商品・仕様
型番 プロパストップ タイプNOKIF
用途 屋内外用防カビ剤
主成分 有機窒素系防カビ剤
販売形態 30ml/スプレー、1L/ボトル、4L/ボトル
標準使用量 散布: 10㎡/L、噴霧: 20㎡/L
使用方法 原液を希釈して使用 (水回り:10倍希釈、その他:50~100倍希釈)
薬剤色 白濁色

シーズン前後の空調機の洗浄に。デオクリーナー

空調機、エアコンのカビや嫌なニオイの対策におすすめ

空調機用洗浄剤『 Deo Cleaner 』

デオクリーナーは、洗浄液と防カビ剤がセットになった、業務用空調洗浄剤です。高い安全性を有しながら、強力な効果、持続性を兼ね備えています。
空調機のアルミフィン部に洗浄剤を噴霧し、自然乾燥させて馴染ませたら、防カビ剤を噴霧し、再度よく乾かしてください。洗浄剤の除菌効果でカビやにおいをリセット、防カビ剤でカビやニオイの再発を予防できます。

デオクリーナーの特徴

耐水性で効果長持ち

水に強い薬剤なので、冷房時に結露が発生する熱交換部でも、抗菌効果が持続します。カビや雑菌の繁殖が抑制され、カビ臭や生乾き臭などを予防できます。

カビ・臭気の専門家が開発

空調機からの嫌なニオイについて、発生原因やメカニズムを専門家が分析。原因の一つである、カビや雑菌をしっかり除菌、予防できる薬剤を開発しました。一般的な薬剤では、なかなか改善されない強力なニオイにも、しっかり効果を発揮します。

商品・仕様
品名 空調機用洗浄剤『 Deo Cleaner 』
梱包内容 オングスロトンG/プロパストップNOKIF/取扱説明書
成分 オングストロンG:非イオン系界面活性剤/アルカリビルダー1.2.3有機キレート剤
プロパストップタイプNOKIF:有機窒素系化合物配合
容量 各液1L ※比重により重量は変わります。
用途 家庭用エアコン・業務用空調機の熱交換部(アルミフィン部)に本液を希釈して使用

第3者機関による各薬剤の除菌、防カビ性能試験。

プロパストップシリーズの除菌・防カビ効果を証明する為、第3者機関にて、効果の確認試験を行いました。また、従来の防カビ剤を改良したことにより、防カビ性能が大幅に向上し、水周りでも高い防カビ力を保持することが可能となりました。その耐水性及び抗菌性を証明する為に、SIAA(※)マークに準拠した確認試験を行い、高い耐水性能と防カビ効果が証明されました。※SIAA:抗菌製品技術協議会が定めた試験方法

試験概要
除菌性能試験
試験機関 三愛石油株式会社
試験方法 事前にカビを接種させた試験片にプロパストップ・タイプ Eを噴霧。噴霧後3時間室温に静置後、カビを採取し、生菌数計測を実施。
(JIS規格:JISZ2911/カビ抵抗性試験方法)
試験対象 代表菌種4菌種(アスペルギルス、ペニシリウム、ペシロマイセス、トリコデルマ)
防カビ性能試験(耐水性試験)
試験機関 三愛石油株式会社
試験方法 事前に試験片を用意し、プロパストップ・タイプ NOKIFを噴霧、乾燥。乾燥後、流水試験を実施。
(一社抗菌製品技術協議会SIAAマーク試験方法に準拠)
流水試験後、代表菌種4菌種を培養。1週間毎にカビを採取し、生菌数計測を実施。(JIS規格:JISZ2911/カビ抵抗性試験方法)
試験対象 代表菌種4菌種(アスペルギルス、ペニシリウム、クラドスポリウム、トリコデルマ)
プロパストップ・タイプ E 除菌試験結果:単位:cfu/m3
代表菌種4菌種 アスペルギルス ペニシリウム ペシロマイセス トリコデルマ
噴霧3時間後 2.4×105→5.0×101 1.5×105→<10 3.4×105→<10 2.4×105→4.6×102
除菌性能 99.9% 99.9% 99.9% 99.8%
プロパストップ・タイプ NOKIF 薬剤耐水性及びカビ抵抗性試験結果(JIS Z 2911:2010 一般工業製品)
試 料 1週間後 2週間後 3週間後 4週間後
判定 カビ生育範囲(%) 画像 判定 カビ生育範囲(%) 画像 判定 カビ生育範囲(%) 画像 判定 カビ生育範囲(%) 画像
従来品 2 100% 2 100% 2 100% 2 100%
NOKIF 0 0% 0 0% 0 0% 0 0%

試験菌:Aspergillus niger,Penicillium citrinum, Chaetomium globosum,Cladosporium Cladosporioides
培地:無機塩寒天培地(JIS Z 2911:2010 一般工業製品)

判定基準
菌糸の発育 判 定
試料又は試験片の接種した部分に菌糸の発育が認められない。 0
試料又は試験片の接種した部分に認められる菌糸の発育部分の面積は、全面積の1/3を超えない。 1
試料又は試験片の接種した部分に認められる菌糸の発育部分の面積は、全面積の1/3を超える。 2
眼刺激性試験(安全性試験)
試験機関 株式会社コスモテクニカルセンター
試験方法 SkinEthicTM HCE法による眼刺激性試験代替法を用い、試験試料が眼に入った場合の刺激性を評価。
本試験方法は、人工的に作成した擬似的な角膜上皮を用いて行う方法で、この角膜上皮に試験対象となる薬剤を一定時間暴露させ、再培養させた後に吸光度を測る事で、その薬剤が与えた刺激性を評価する方法です。
※詳細な試験方法についてはお問い合わせ下さい。
試験対象 防カビ剤 プロパストップ タイプ NOKIFの10倍希釈水溶液
皮膚一次刺激性試験(安全性試験)
試験機関 株式会社コスモテクニカルセンター
試験方法 SkinEthicTM RHE法による皮膚一次刺激性試験代替法を用い、試験試料が皮膚に着いた場合の刺激性を評価。
本試験方法は、人工的に作成した人工皮膚を用いて行う方法で、この人工皮膚に試験対象となる薬剤を一定時間暴露させ、再培養させた後に吸光度を測る事で、その薬剤が与えた刺激性を評価する方法です。
※詳細な試験方法についてはお問い合わせ下さい。
試験対象 防カビ剤 プロパストップ タイプ NOKIFの10倍希釈水溶液
プロパストップ・タイプ NOKIF 安全性試験結果
試験項目 判 定
プロパストップ タイプ NOKIFの10%水溶液による眼刺激性試験 無刺激性
プロパストップ タイプ NOKIFの10%水溶液による皮膚一次刺激性試験 無刺激性

© 2020 カルモア真菌分析対策センター - All rights reserved.