サービス内容

除菌・防カビ剤について

安全性と効果・持続性の両立を実現!さらに進化した業務用除菌、消臭、防カビ剤。

高い安全性を有しながら、効果・持続性が強力な業務用除菌防カビ剤です。徹底的にラボテストを繰り返し、性能を追求。実際の現場での多数の防カビ施工実績がその高い持続効果を証明しています。さらに、従来の防カビ剤の弱点でもある水で濡れてしまう環境でも、長い持続効果を発揮出来る防カビ剤の開発に成功。その効果は第3者機関でも認められました。建築物内に繁殖するとされる62菌全てに対し効果試験済み。

※:62菌種は試験した代表菌種を抗菌スペクトルの範囲に合わせた場合を意味しております。

Propastop TYPE E

Propastop TYPE E 消臭効果もある除菌剤

Propastop TYPE Eの消臭・除菌力の最大の特徴は、主成分である両性高分子化合物がミクロサイズ状消臭分子ミクロサイズ状消臭分子であるため、大気に触れる接触効率が数百倍に高くなっていることで、除菌力だけでなく、消臭力も大幅に向上させたのが特徴です。


<仕様>用途/消臭・抗菌剤、主成分/両性高分子化合物、エチルアルコール、
販売形態/400mlスプレー・1Lボトル・20L箱、
標準使用量/散布:10m2/1L、薬剤色/無色透明

Propastop TYPE NOKIF

Propastop TYPE NOKIF 耐水性のある防カビ剤

従来の防カビ剤にも含まれている有機窒素系化合物の配合割合を変えて、さらに高濃度化に成功した事で、カビに対して、非常に高い効果で防カビする事が可能です。さらにカビ繁殖の最適地である水周りにも使用出来るよう、高分子化合物を配合した事で、乾燥後はフィルムを形成する為、希釈倍数を変えることで、外壁やお風呂場などの水周りから、室内の壁や天井、家具などでも使用することが出来ます。


<仕様>用途/屋内外用防カビ剤、主成分/有機窒素系化合物、
販売形態/30g、1kg、4Kg、標準使用量/散布:10m2/1L、
薬剤色/白濁色

除菌・防カビ性能試験

第3者機関による各薬剤の除菌、防カビ性能試験。

プロパストップシリーズの除菌・防カビ効果を証明する為、第3者機関にて、効果の確認試験を行いました。また、従来の防カビ剤を改良した事により、防カビ性能が大幅に向上し、水周りでも高い防カビ力を保持することが可能となりました。その耐水性及び抗菌性を証明する為に、SIAA※マークに準拠した確認試験を行い、高い耐水性能と防カビ効果が証明されました。

※SIAA:抗菌製品技術協議会が定めた試験方法

試験概要
除菌性能試験
試験機関 三愛石油株式会社
試験方法 事前にカビを接種させた試験片にプロパストップ・タイプ Eを噴霧。噴霧後3時間室温に静置後、カビを摂取し、生菌数計測を実施。
(JIS規格:JISZ2911/カビ抵抗性試験方法)
試験対象 代表菌種4菌種(アスペルギルス、ペニシリウム、ペシロマイセス、トリコデルマ)
防カビ性能試験(耐水性試験)
試験機関 三愛石油株式会社
試験方法 事前に試験片を用意し、プロパストップ・タイプ NOKIFを噴霧、乾燥。乾燥後、流水試験を実施。
(一社抗菌製品技術協議会SIAAマーク試験方法に準拠)
流水試験後、代表菌種4菌種を接種し、培養。1週間毎にカビを摂取し、生菌数計測を実施。(JIS規格:JISZ2911/カビ抵抗性試験方法)
試験対象 代表菌種4菌種(アスペルギルス、ペニシリウム、クラドスポリウム、トリコデルマ)
プロパストップ・タイプ E 除菌試験結果:単位:cfu/m3
代表菌種4菌種 アスペルギルス ペニシリウム ペシロマイセス トリコデルマ
噴霧3時間後 2.4×105→5.0×101 1.5×105→<10 3.4×105→<10 2.4×105→4.6×102
除菌性能 99.9% 99.9% 99.9% 99.8%
プロパストップ・タイプ NOKIF 薬剤耐水性及びカビ抵抗性試験結果(JIS Z 2911:2010 一般工業製品)
試 料 1週間後 2週間後 3週間後 4週間後
判定 カビ生育範囲(%) 判定 カビ生育範囲(%) 判定 カビ生育範囲(%) 判定 カビ生育範囲(%)
旧プロパストップ C 2 100% 2 100% 2 100% 2 100%
NOKIF 0 0% 0 0% 0 0% 0 0%

試験菌:Aspergillus niger,Penicillium citrinum, Chaetomium globosum,Cladosporium Cladosporioides
培地:無機塩寒天培地(JIS Z 2911:2010 一般工業製品)

プロパストップ・タイプ NOKIF 薬剤耐水性及びカビ抵抗性試験結果写真:耐水性試験実施品
1週間後 2週間後 3週間後 4週間後
NOKIF 旧プロパ
ストップ・C
NOKIF 旧プロパ
ストップ・C
NOKIF 旧プロパ
ストップ・C
NOKIF 旧プロパ
ストップ・C
判定基準
菌糸の発育 判 定
試料又は試験片の接種した部分に菌糸の発育が認められない。 0
試料又は試験片の接種した部分に認められる菌糸の発育部分の面積は、全面積の1/3を超えない。 1
試料又は試験片の接種した部分に認められる菌糸の発育部分の面積は、全面積の1/3を超える。 2
眼刺激性試験(安全性試験)
試験機関 株式会社コスモテクニカルセンター
試験方法 SkinEthicTM HCE法による眼刺激性試験代替法を用い、試験試料が眼に入った場合の刺激性を評価。
本試験方法は、人工的に作成した擬似的な角膜上皮を用いて行う方法で、この角膜上皮に試験対象となる薬剤を一定時間暴露させ、再培養させた後に吸光度を測る事で、その薬剤が与えた刺激性を評価する方法です。
※詳細な試験方法についてはお問い合わせ下さい。
試験対象 防カビ剤 プロパストップ タイプ NOKIFの10倍希釈水溶液
皮膚一次刺激性試験(安全性試験)
試験機関 株式会社コスモテクニカルセンター
試験方法 SkinEthicTM RHE法による皮膚一次刺激性試験代替法を用い、試験試料が皮膚に着いた場合の刺激性を評価。
本試験方法は、人工的に作成した人工皮膚を用いて行う方法で、この人工皮膚に試験対象となる薬剤を一定時間暴露させ、再培養させた後に吸光度を測る事で、その薬剤が与えた刺激性を評価する方法です。
※詳細な試験方法についてはお問い合わせ下さい。
試験対象 防カビ剤 プロパストップ タイプ NOKIFの10倍希釈水溶液
プロパストップ・タイプ NOKIF 安全性試験結果
試験項目 判 定
プロパストップ タイプ NOKIFの10%水溶液による眼刺激性試験 無刺激性
プロパストップ タイプ NOKIFの10%水溶液による皮膚一次刺激性試験 無刺激性

カルモア真菌対策分析センターのサービス内容