部屋でカビを放置すると…

カビは発酵製品やブルーチーズなどでも利用されており、我々、ヒトの生活環境に密着しています。しかし、カビには多くの種類があり、時にヒトや動物に悪影響を及ぼす事もあります。

 

今回、とある動物を飼育する施設において、室内にカビが発生してしまいました。この建物、山間部の川沿いにあり、結露が起きやすい環境下にある為、温度差や結露などでカビが発生してしまうそうです。

 

その為、そのカビにより飼育されている動物の一部で発疹やアレルギー反応が出てきていました。獣医の診断によると、脂漏性皮膚炎やアスペルギルス症であることが分かったそうです。

 

これらの病気、通常環境下であれば、ヒトも動物もそこまでかかるものではありませんが、カビが異常に繁殖した環境下や、体調が悪い時などは、発症してしまう事もあります。

こんな時にカルモアでは「除菌防カビ作業」を提案しています。
https://www.fungus-analyst.com/service/sterilization/

さらに、カルモアでは、分析会社やカビの研究者の協力を頂き、「カルモア真菌分析センター」なるカビに特化した社内研究所を持っております。においだけはなく、カビに関しても、プロが開発から携わり、安全性を確保しながら、高い効果を出す事が出来ます。

・除菌・消臭剤 「プロパストップタイプE」

 

・防カビ剤 「プロパストップタイプNOKIF(ノキフ)」

を販売しています。

当然、我々がお受けする場合でもこの薬剤を用いて、現場で除菌防カビ作業を行います。

http://odor-pro.com/mold/fungicide/

 

特に、プロパストップタイプNOKIFは、従来の防カビ剤の欠点であった、どうしても結露してしまうような環境、つまり、水が付着してしまう空間、場所でも使用が可能となった耐水性を持った防カビ剤です。

これにより、今回のような現場でも長期間の防カビ効果が期待出来ます。

 

作業は対象となる室内の容積にもよりますが、通常は1日~2日で終了します。また、作業だけでは効果が分からない為、カルモアでは作業前後にカビを採取し、除菌効果も確認します。

【↑効果確認(左:作業前/右:作業後)】

現在、カビの問題は多岐にわたり、インターネットの進化、普及により、カビに対する認識も高くなってきています。

一方で、カビの特性やヒトや動物に与える影響などは、まだまだ誤解も多く、問題になってから対策を行う事も多いです。カビは調査、分析により、事前にリスクを軽減する事も出来ます。

 

この時期になると、カビの問題は終息する方向になると言われますが、冷蔵庫でもカビが生えることは皆さん知っているかと思います。

つまり、カビは、環境が整えば、このような寒い時期でも発生するのです。

もし、カビに困っている方がいれば、是非カルモアまでお問い合わせ下さい。

«

»