カビの分析~カビも生き物~

私達のチームは、臭気調査、分析、脱臭作業などを行うチームです。
今回は、分析の中でもカビの分析についてお話しします。

深呼吸してみて下さい。

吸って~・・・・

はい、今おそらくカビの胞子を吸い込みました。

 

私達が毎日吸っているこの空気の中には、カビの胞子が含まれています。
ごく微量なので、気がつかないし気にしないと思います。
しかし、量が増えてくると、人間にも分かるレベルの臭気になります。
これが、俗に言う「カビ臭い」においです。

カビは、温度・湿度・栄養の3つが揃えば繁殖できます。
温度・湿度は大体想像できると思いますが、栄養って・・・?
カビにとっての栄養は、チリ、ホコリ、皮脂やアカなど。
人間のいる場所ならどこにでも発生する物質です。
つまり、人間とカビは切っても切り離せない関係にあるのです。

梅雨や夏場など、湿気と気温が上昇する時期は、カビの格好の繁殖時期。
カビも生き物ですので、自分たちの居心地のいい場所を選んで繁殖します。
おそらく、この時期がもっとも人間がカビ臭さを感じる時期だと思います。
こうなると、様々な問題が出てきます。

・目に見えてカビは生えていないけれど、どうもカビ臭い。このままで大丈夫?

・おもいっきりカビが生えているので除去したいけれど、その前にどんなカビなのか知りたい。

・梅雨の湿気で、引渡し前の物件にカビが発生してしまった。カビの状況を把握して対策したい。

などなど・・・。
このような不安を解決するため、カルモアでは、カビの分析を行っています。

 

«

»